引退を考えている税理士の方の顧問先と従業員をお引き受けするサービスを開始しました。

年齢的な問題などにより、引退を考えているけど、顧問先や従業員のことを考えるとなかなか引退できないという税理士の方も多いと思います。

自分がこだわって事業を行ってきたので、誰に引き継いでもらってもいい訳ではないと思います。

引き継いでくれる税理士を自分で探したいと思う方も多いでしょう。

今までは、そのようなケースでは、親族に引き継ぐか、知り合いの税理士にあたるか、税理士事務所のM&Aを仲介している会社を利用することが一般的でした。

しかし、今後は、引き受けてくれる税理士を自分で探すということが一般的になるかもしれません。

私は普段から、税理士は自分で探した方がいいと言っています。

同じ原理で、顧問先や従業員を引き受けてくれる税理士も、自分で探した方がいいのではないかと思っています。

現時点では、私のように、顧問先や従業員を引き受けますとホームページに書いている税理士は多くないと思います。

今後はこういった税理士事務所が増えてくるかもしれないと思っています。