MFクラウドを使ってみたい、または、すでにMFクラウドを使っているけど、入力方法などがよくわからないという方につきましては、税務顧問契約を頂くことにより、無料で導入支援サービスを行っています。

MFクラウドは、パッケージ型の会計ソフトとは違い、パソコンにインストールをする必要がありません。

クラウドですから、インターネットに繋がっているパソコンであれば、どのパソコンでも入力を行うことができます。

Windowsでも、Macでも使うことができますし、時間や場所も問いません。

また、税法改正や消費税の増税などにも自動アップデートで対応します。

そして、一番の特徴は、明細データの自動取得や、仕訳の自動入力ができることです。

会計ソフトというと、会計事務所側が指定することが多かったのですが、今では、お客様が会計ソフトを選ぶ時代になりました。

MFクラウドを使いたいけど、操作方法がわからなくて躊躇しているという方がいらっしゃいましたら、ご安心ください。

当事務所では、MFクラウドの導入から支援いたします。

すでに、他の会計ソフトを使っていてMFクラウドに乗り換えたいと思っている方も大丈夫です。

他の会計ソフトから乗り換えることも難しいことではありません。

MFクラウドのメリット

MFクラウドでは、銀行口座やクレジットカードなどの取引明細を自動取得することができます。

また、一度出てきた明細については、自動仕訳ルールを作成することにより、次回からは勘定科目も自動で入力されます。

銀行口座やクレジットカードだけではなく、AmazonやASKUL、LOHACO、ソロエルアリーナ、たのめーる等の通信販売にも対応しています。

現金取引をなくして、自動取得できる取引を増やせば、入力業務が一気に効率化されます。

お店などの場合は、POSレジと連携させることも可能です。

料金は別にかかりますが、給与計算や経費精算、請求書作成、マイナンバー収集などのバックオフィスサービスと連携させることもできます。

パッケージ型のソフトでは、入力を1回にすることが作業の効率化につながりましたが、クラウド会計では、入力をできるだけなくすことで、業務を効率化します。

今現在、手書きの伝票や現金出納帳を作成してから会計ソフトに入力しているとしたら、MFクラウドの導入により、2段階業務を省くことが可能になるかもしれません。

MFクラウドは最初の設定が大事

取引明細を自動取得してくれるMFクラウドですが、最初の設定は少し手間がかかります。

ただし、この手間をかけないと、せっかくの自動取得がいきてきません。

あとあと楽になるように最初の設定が大事なのです。

この最初の設定は、普通の人には少し大変です。

少し時間をかけて丁寧に設定をすることによって、それ以降の使いやすさがだいぶ変わってきます。

AIに使われるのではなく、こちらがAIを使いこなすことによってこそ、自動仕訳がいきてきます。

そして、設定したあとも、小まめにメンテナンスをし続けることも大事です。

MFクラウドだからといって、全てが自動で終わるわけではありません。

顧問契約を頂ければ、導入支援は無料で行います

当事務所では、税務顧問契約を頂いたお客様については、MFクラウドの導入支援サービスを無料で行っています。

MFクラウドを使ってみたい、あるいはすでに使っているけど、上手く使えていないという方は、是非、当事務所のサービスをご利用ください。

お電話でのお問い合わせも受け付けています。
043-312-4667
営業時間 9時~18時(土日祝日休)